南河内だんじり祭り 北別井青年團blog, 口上と俄を奉納

口上と俄を奉納

全地区の地車が宮入を済ませたら地車の舞台上より「河内にわか」を奉納上演しますグッド(上向き矢印)

近年は3年に一度、各地区が当たる交代制で今年度は北別井が当たる年でしたexclamation×2

口上ひらめき

東西東西
東西東西と 鳴物をば打ち静めおきまして
些か不弁舌なる口上を 先ず以って
御断り申し上げます
さて 夜空に輝く銀の星
野辺の一輪野菊の花か
河原でしょんぼり月見草
耳を澄ませば聞こえくる あ コオロギの
コオロギの音にさえまでも 秋風沁みます今日この頃
金剛山はその麓
金波銀波の波打ち寄せます ここ河内平野の一角で
秋の水分神社の大祭に際し
我々北別井青年團をば 地車車上へと乗せまして
相務めまするは
思いつきは浮世絵俄
それじゃからといって
我々北別井青年團 若輩者の為す事なれば
あいつはあれだけ 此はこれだけ
ヤンマ蝶々も鳥のうち
枯れ木も山の賑わいと
斯様御歓呼(かようごかんこ)をば つけられまして
悪しき所は袖袂
袖袂へと入らぬその時は
胸のハートへと お包みおき下さいまして
ただ良いと良いとの御人気御評判あらんことを
一重二重はまだ愚か
吉野の桜じゃないけれど
七重の膝をば八重に折り
今日九重の皆々様方に 伏して懇願奉る
これもや当 建水分神社様への御献上
東西東西


るんるん

| Comment(0) | TrackBack(0) | 南河内 だんじり祭り TOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。